Control Obesity

カテゴリ一覧

HOME>Column>クリニックで受けられる肥満治療法の種類

クリニックで受けられる肥満治療法の種類

体重計とメジャー

薬物療法の特徴

医療機関で受けられる肥満治療の一環に、薬物療法と呼ばれるものがありますが、最終手段といってもいいでしょう。治療を行っても目に見える効果が出にくい場合や、痩せなければ生命にかかわる危険性が高い時に使用されます。摂食中枢に刺激を与えて食欲を抑制する医薬品を処方することが多く、食事制限に効果がない人も引用することがあるといわれる医薬品です。医師の判断の元に投薬し、勇気運動をはじめとした多角的な両方を一緒に実行することによって、脂肪減少やダイエット成功に結びつきます。食欲を抑え、脂肪を取り除けるようにする為の選択肢として認識されていますが、基本的には薬物よりも食事療法や運動療法を取ることが多いでしょう。

肥満

外科手術について

病的な肥満ではない限り、確実に取ることがない方法として挙げられているのが外科手術で、麻酔を行って胃を小さくする人もいます。手術を行う人はBMI35以上の人で、すぐにやせなければ病気回復に結びつかない時に実行される、まさしく最後の手段です。胃の大きさを変えることによって食欲抑制を実現し、結果としてダイエット成功に結びつける療法といわれています。あまりにも高齢者の場合には、手術によって生じる肉体的な負担に耐えられないとして行われません。また、若年層の場合もまだ身体が出来上がっていないため、18歳までは手術を行うことが禁止されています。治療の一環とはいえ、身体的に負担を生じている人や、合併症を引き起こしている切実な人向けの治療方法です。