目が閉じている女性

注意点を知る

メイク

目の下のたるみ取りの注意点

目の下に影が出来たように見え、表情全体が暗く見えてしまう目元のたるみ。 そんなたるみ取りの一つにヒアルロン酸注入と言う方法があります。 こちらは傷口が小さく短時間で施術ができるとあって人気がありますが、行う際には注意点もあります。 目の下は皮膚も薄く敏感な箇所ですので、内出血が起きやすいです。施術後は自然と薄くなってきますが、最初は目立ちますので施術の際は覚えておきましょう。 また、ヒアルロン酸の量が多かったり、病院をきちんと選ばないと目の下が不自然にデコボコしてしまうことがあります。 ヒアルロン酸はいずれは吸収され元には戻りますが、目元は目立つ部位でもありますので、このようなことが無いようにたるみ取りをする際は事前の情報収集をきちんとしておくようにしましょう。

自分で出来る目元のケア

まだ目の下がたるんでいるわけではないけれど、これから気になるという時には自分で出来るたるみ取りのケア方法があります。 ひとつは目のまあ割の筋肉を鍛えることです。目の下だけで瞬きをしたり、意識して目の周りの筋肉を動かしてあげることで目元のハリをキープでき、たるみ予防に唾がります。 もう一つはスキンケアで、こちらは目元の保湿をしっかりと行うことです。目の周りは皮膚が薄く乾燥しやすく、ハリが失われやすい個所です。美容液などできちんとケアすることでハリを保ち若々しい目元になります。 また、日焼けも乾燥を招くので紫外線対策も毎日行いましょう。 このような意識でたるみを予防することができます。 目の下のたるみ取りをして、明るく若々しい目元を作りましょう。

Copyright © 2015 見た目を良くする脂肪溶解注射などの施術について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加